紳士靴サイズ館

商品の紹介だけではなく、実際に足入れを行った、ブランド別、種類別の紳士靴のサイズ感・履き心地をお伝えします。

フランス靴

パラブーツ、シャンボードとミカエルならどっちが好きですか?どっちを買いたいですか?

投稿日:2017年1月28日 更新日:


 

シャンボードとアヴィニヨン、ではなく、あえて毛色の違うミカエルと比べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

 

シャンボード

 

 

ミカエル

 

 

 

シャンボードの写真は本当はNOIR(黒)にするつもりでしたが、写真が間に合いませんでした。

 

ミカエルは紐が結ばれていません。しかも粉吹いてるし。

 

えー…

 

どちらも人気のモデル。

 

甲乙つけがたい。

 

でもまあ、最初に買うならシャンボードという人が多いのではないでしょうか?

 

わたしもそうです。

 

パラブーツといえばシャンボードというイメージがありますし。

 

実際、街中や駅を歩いていて一番見かけるのはシャンボードです。

 

それも茶色。

 

お金の心配がなくて、自分の足がパラブーツに合うのなら、わたしも茶色のシャンボードがまずはほしいです。

 

洋服だって何にでも合いそうですし。

 

ちょっと画像を拝借。

 

 

そうそう、MARRONですね、茶色とか言ってると好きな人からお叱りを受けそう汗

 

これ、いいなァ。

 

これが履ける人、いいなァ。

 

これが履ける人、というのはもちろん、買えるだけのお金がある人はいいなァ、という意味もありますが、それ以外に、

 

この靴が足に合う人はいいなァ、

 

という意味も含んでいます。

 

お金の問題はとりあえず脇に置いておくとして、

 

足に合うかどうかの問題。

 

わたし自身にかぎって言えば、

 

シャンボード、すごく好きなんですが…

 

まったく足に合いません。

 

悲しいくらいに合わないのです。

 

わたしの足の甲が薄すぎるのがいけないんでしょうけど、

 

本当にイヤになるくらい高さが合いません。

 

足長に合わせると甲はブカブカ²、甲に合わせると——というか合わせようとすると——つま先はパツパツ²。そしてどっちにしてもくるぶしがゴリゴリ²。

 

もう痛いのなんの。

 

とても歩けたもんじゃありません。これまで何度となく試し履きをしましたが、いつも同じ結果になって泣く泣くあきらめています。

 

シャンボードを履ける人がウラヤマシイというのはそういうわけです。

 

また拝借。

 

 

 

ああ、ウラヤマシイ!

 

そんなカナシイ足型の私ですが、実はミカエルはそこそこ履けます。パッと見はこっちのほうが背が高そうに見えますが、案外そうでもありません。

 

 

 

履いた時の感触としては、甲の前のほうの部分が意外に低い、ということがあります。なのでそんなにブカブカにならないのです。

 

 

といってもこれじゃよく分からないですね。

 

これならどうでしょう?

 

 

箱を踏んづけないために足を浮かせていますから参考にならないかもしれませんが、甲はそこまで大きすぎるわけではない、ということが分かると思います。

 

ちなみに言い忘れましたが、この靴のサイズは39。これだと少し大きいので私の場合はミカエルは38.5がジャストサイズです。

 

ジャストサイズというのはつまり、履いていても足が痛くないということ。つま先も、くるぶしもです。シャンボードがあんなに痛かったのがウソのよう。

 

うーん、ミカエル、パーフェクト!と喜んでいたら、あら残念、一か所だけちょっと痛むところがありました。

 

 

 

分かりますでしょうか?革の折れ曲がったところです。かなりしっかりした革を折り曲げているので紐を強く締めるとそこが当たるのです。これは意表を突かれました。ここかい!みたいな。

 

でも、これは単に私の薄っぺらな足が軟弱なだけであって、普通の人が履けばそんなことはないでしょう。つま先やくるぶしと違って履いているうちに慣れそうな気もします。

 

ただ、ミカエルはスーツには合わないですね。上の写真がそうですが、とてもズレた感じがします。やっぱりカジュアルでしょう。

 

そういうわけで、私の場合は、どちらか選べと言われたらミカエルを選びます。というか選ばざるをえない。シャンボードは合わなさすぎる。痛すぎる。中敷き入れてもムリそうな気がします。

 

 

あと最後に、ちょっとした盲点ですが、パラブーツ特有のラバーソールの比較を。

 

これがミカエル。

 

 

 

そしてこれがシャンボード。

 

 

 

 

どうでしょう?

 

これははっきり言ってシャンボードの勝ちですね。こんなとこ見えないとはいえ、どうせならよりパラブーツらしいソールのほうがよくないですか?

 

 

というわけで今日はシャンボードとミカエルの比較をしてみました。今のわたしは机上の空論ですが、いつかこれを本気で悩めるようになりたいものです。

 

皆さんはどちらが好きでしょうか?どちらを買うでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 


-フランス靴
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パラブーツ ランス サイズ感

今回の靴はこちら   粉吹きいも状態。   サイズ   6 色     NOIR 製法    ノルヴェイジャン製法 価格    65,000円(税抜)   スポンサーリン …

パラブーツ バース

パラブーツ バース サイズ感

  今回の靴はこちら     サイズ   6 色     LIS-AMERICA 価格    27,000円(税抜)   スポンサーリンク   主観レ …

パラブーツ コロー サイズ感

今回の靴はこちら                 サイズ   5¹/₂ 色     america(茶色) 製法    マッケイ製法 価格    27 …

パラブーツ アヴィニョン レビュー

今回の靴はこちら               サイズ  6 色      NOIR 製法   ノルヴェイジャン製法 価格   65 …

パラブーツ ウィリアム

パラブーツ ウィリアム サイズ感

今回の靴はこちら                 サイズ   6 色     NUIT 製法    ノルヴェイジャン製法 …