パラブーツ ウィリアム サイズ感

パラブーツ ウィリアム フランス靴

 

パラブーツ

 

 

 

 

 

 

 

  • サイズ   6
  • 色     NUIT
  • 製法    ノルヴェイジャン製法
  • 価格    68,000円(税抜)

 

スポンサーリンク

 

ブランド概略

1927年、『Paraboot』の名前が商標登録される。名前は、ラテックスを輸入するアマゾンの港『Para』と、アメリカのブーツ『boot』をかけあわせて作られた。

1980年、経営危機に陥る。

1983年、『ミカエル』の販売開始、大人気に。

 

 

主観レビュー

 

  • サイズ感    大きめ
  • フィット感    
  • ほしい!感    

 

 

サイズ感

パラブーツは大きい。大きいはパラブーツ。ということが半ば常識と化しているパラブーツ。ですがこのウイリアムは大きめとはいえ、シャンボードやコローなどと比べるとそこまでは大きくないような気がしました。

今回履いたのは6サイズ。シャンボードの6はくるぶしがギリリと食い込んできて痛かったのですが、意外にもウイリアムは痛くありません。歩くときに意識すればわずかに感じる程度です。

かかとも少しゆるいとはいえ、抜けるというほどではなく、中敷きを敷いたらこの6でも履けるのでは?と思いました。

 

フィット感

とはいえ甲は高めです。おまけに紐ではなくモンクシューズですから締めるといっても限度があります。ちょっとプカプカします。

ただ、他の靴でこれくらい甲が余るとヘンな――縦横に入り組んだような――シワが入りがちなのですが、このウイリアムの場合はそんなことはありませんでした。気のせいかシワが入りにくいように感じました。

つま先も丸いので非常にゆったりしています(6だとゆったりしすぎているかも)。シャンボードもそうですが、厚めの中敷きを敷いてみたらよくなりそうな気がします。

 

パラブーツ

 

ベルトの穴の数しか調整できないからなァ。そう思うと紐靴というのは優れていますね。

 

ほしい!感

このままではちょっと大きいかなと思いました。靴自体に重さもあるのでもう少しフィットしている方が歩きやすそうです。

 

 

主観雑感

 

パラブーツを購入するときにいつも問題になるのが、『スーツにもOKか否か?』ではないでしょうか。こればかりは勤めている会社の規則やルール、雰囲気などにも左右されるので一概には言えないですが、私個人の考えとしては『やや厳しい』かなと思います。かろうじてアヴィニョンなら許されるかもしれませんが、あとは基本カジュアルに合わせたほうがよさそうです。ジャケパンまでがセーフというところではないでしょうか。

 

話はそれますが、先日、「今度、銀行に勤めることになって」という男性が靴を選んでいました。銀行は今でもやはり黒でないといけないのでしょうか。その人は一度手にした黒い靴を、ソールにグレーだったか(色は忘れましたが)別の色が入っているからという理由であきらめていました。アッパーではありません。ソールの横の模様だけです。私から見れば「全然平気でしょ!」と思えるような靴だったのですが、業界によっては細かいところまで規定(もしくは暗黙のルール)があるのでしょうね。

 

ちなみにこのウイリアム、私の履いていた地味なスラックスにはまるで合いませんでした。お洒落な紺色ですが、ちょっと上級者向けなのかなァ?

 

 

パラブーツ

 

箱を踏んづけているわけではないので念のため。

 

 

 


 

 

参考:パラブーツ リンクまとめページ

 

スポンサーリンク

コメント