ジョンロブのレザーあれこれ

ジョンロブ イギリス靴

 

さすが伊勢丹という広告あり。

 

 

ビスポーク、ひゃくまんえんなり。

 

 

この方もジョンロブ履いていなさるんだ。

 

 

梅木さんもだ。フォローしておこうっと。

 

 

——というわけで靴好きから常に熱い視線を送られているジョンロブ。

 

今回はそんなジョンロブのレザーについてゴニョゴニョとつぶやいてみることにします。

 

スポンサーリンク

 

革の種類

 

ジョンロブをかじってみて分かるのはとにかく革の種類の多さ。とても覚えられたものではありません。とりあえずあまり深入りしない程度に書き出してみましょう。

 

■カーフ

 

もっとも一般的なタイプですね。革質はしっかりめ。

 

BLACK、DARK OAKなどの色があります。

 

こちらはウィリアムブラックカーフ

 

ブラックカーフ

 

こちらはアシル。革はダークオークカーフ

 

 

 

■オックスフォードカーフ

 

カーフより少し柔らかめの革です。色はBLACK、DARK BROWNなど。

 

こちらはフィリップⅡ、革はダークブラウンオックスフォードカーフ

 

茶色のフィリップⅡは珍しいでしょうか?

 

 

ダークブラウンオックスフォードカーフ

 

 

■ミュージアムカーフ

 

少しムラ感のある革、です。

 

BLACK、DARK BROWN、PULMなどの色があります。

 

これはチャペル。革はダークブラウンミュージアムカーフ。ムラ感が分かりますか?

 

ダークブラウンミュージアムカーフ

 

 

続いてエドワード、革はブラックミュージアムカーフ

 

ブラックミュージアムカーフ

 

エドワードはもう廃番だったかな?

 

 

 

■ミスティカーフ

 

ミュージアムカーフよりさらにムラ感があると聞いたことがありますが私は見てもよく分かりません。

 

こちらはケンボーンブラックミスティカーフ

 

ブラックミスティカーフ

 

普通に黒にしか見えないですが…

 

このミスティカーフ、以前は非常にたくさんの色があったのですが、今年から少なくなってしまい、今ではパターンオーダーでも3色しか受けられないそうです。

 

 

美しい革

 

スムースレザーとしてはこれくらいでしょうか。あとはスエードや型押し、マットタイプの革になります。こちらも種類多し。写真がないのでまた次の機会に。

 

それにしてもやはりジョンロブの革はいいです。この写真だけ見ても革のきめの細かさが伝わってくるのではないでしょうか。

 

そして特筆すべきはその復旧性の高さ。たまに革の表面に小さなキズらしきものがついていることがありますが、これなどはクロスで軽く磨いてあげるとあら不思議、フッと消えてしまうのです。まさに革のよさがなせる技でありましょう。

 

 

 

ジョンロブの鏡面仕上げとか・・・なんともうらやましいことです。

 

 

スポンサーリンク

 


コメント