紳士靴サイズ館

商品の紹介だけではなく、実際に足入れを行った、ブランド別、種類別の紳士靴のサイズ感・履き心地をお伝えします。

日本靴

ミハラヤスヒロの靴 レビュー

投稿日:2016年12月12日 更新日:


 

今回の靴はこちら(2度目記事)

 

ミハラヤスヒロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ   25.0

色     CAMEL

製法    マッケイ製法

価格    定価39,000円(税抜)

 

ブランド概略

日本のファッション・デザイナー、三原康裕氏(1972年生まれ)が1997年に立ち上げたシューズブランド。アパレルにも携わり、これまでミラノコレクションやパリコレクションに何度も出展した実績を持つ。

 

1ヵ月経過

 

今回はこちらの記事の続きです。

ミハラヤスヒロ ウイングチップ メダリオン レビュー

 

この靴を購入してから約1ヵ月がたちました。この間、履いたのは7,8回というところでしょうか。実際に履いてみて履き心地はどう変化したか、をレポートします。まずは外見から。

 

 

ミハラヤスヒロ

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。上の写真と比べても特に変わったところはないようです。

 

ミハラヤスヒロ

 

 

 

 

 

 

 

さすがにシワは入っています。

 

ミハラヤスヒロ

 

 

 

 

 

 

 

ただ、このあたりが…シワなのかヒビのようにも見えます。パリパリしてる感じです。

 

ミハラヤスヒロ

 

 

 

 

 

 

 

もともと固めの革だったし。

 

ミハラヤスヒロ

 

 

 

 

 

 

 

中から割れて出てきそう。

 

ちなみにインソールはこうなりました。

 

img_4919

 

 

 

 

 

 

 

すっかり足型に。色も変色しました。

 

 

外見に関してはまだそれほどの変化がありませんね。

 

では履き心地はどうかというと。

 

残念ながら…

 

痛い

 

どこが痛いのかというと、

 

ミハラヤスヒロ

 

 

 

 

 

 

 

ここ。

 

左右に大きく入ったシワのところではなくて、指先の小さいシワの部分です。ここが当たる。

 

ミハラヤスヒロ

 

 

 

 

 

 

 

こうやって曲がる時に。これが痛い。なぜか右足だけ。朝はまだ平気なんですが、午後になると痛くなってきます。けっこうツライ。

 

ただ、これは別にミハラヤスヒロの靴が全般的にそうだというわけではありません。たまたまこの靴がそうなってしまったにすぎません。木型が私の足には合わなかったのでしょう。

 

外で鏡に全身を映してみると、形はなかなかカッコイイです。私のような小男が履いてもそれなりにカッコよく見えます。デザイン力はさすがですね。いいか悪いか分かりませんが、あまり履いている人がいないというのも個人的には〇です。

 

 

スポンサーリンク

 


-日本靴
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マドラス M2404 ビークトゥ サイズ感

  今回の靴はこちら                     サイズ   24.0 色   …

ユニオンインペリアル

ユニオンインペリアル ローファー サイズ感

  今回の靴はこちら     サイズ   24.0 色     Brown 製法    ハンドソーンウェルティッド製法 価格    48,000円(現行商品) ※今回履い …

スピングルムーブ SPM-299

  今回の靴はこちら     サイズ   M 色     ベージュ 製法    バルガナイズ製法   主観レビュー   サイズ感    サイズどおり …

ユニオンインペリアル Uチップ 2003 サイズ感

  今回の靴はこちら     サイズ   24.5 色     ブラウン 製法    グッドイヤー製法 価格    36,000円(税抜)     主 …

スピングルムーブ SPM-450 レビュー

  今回の靴はこちら                     サイズ   M 色      …