ジョンロブ シティ2 サイズ感

イギリス靴

今回の靴はこちら

img_3813

 

 

 

 

 

 

サイズ  5¹/₂

色      BLACK CALF

製法   グッドイヤーウェルト製法

価格   170,000円(税抜)

 

ブランド概略

 

1866年、ジョン・ロブ氏がロンドンで第1号店オープン。主にビスポークの受注を手掛ける。

1976年、エルメスグループに入る。

1982年、既成靴コレクションを発表。

1990年、パリに初めての既成靴の店舗オープン。

 

 

主観レビュー

 

サイズ感    少し大きめ

フィット感     ★★★

ほしい!感   ★★★

 

参考:「こんな足で履いています」

 

 

主観解説

 

サイズ感

6¹/₂だと大きいことが分かっているので6から履いてみましたが、6でもまだ微妙に大きいかな?というわけで5¹/₂に替えてみました。そうしたらなんと。

 

フィット感

これは…素晴らしいフィット感です。

 

なんと説明すればいいんでしょう。理想的な締めつけ、とでも言えばいいんでしょうか。

 

タイトなフィッティングで靴を履くと、たいていは足の「どこか一部分だけ」に強い締めつけを感じることが多いのですが、このシティⅡは違います。「足のすべての箇所に均等に」力が加えられているのです。それも絶妙の強さで。

 

この心地よさといったらありません。ものすごく足に安心感を感じます。くるぶしも当たりません。かかとも抜けません。

 

かといって捨て寸のない超タイトフィットなのかというと、そんなこともなく、つま先には多少の余裕が感じられます。

 

実に快適です。私は甲が薄いので内羽根はどうしても閉じてしまうんですが、この気持ちよさの前にそんなこと全く気になりません。自分の足には合わないかなと思っていただけに今回のフィット感は意外でした。

 

ほしい!感

ほしいです、これ。

 

私の独断のトップ3にいきなり入ってきた感じです。今後もその座を譲り渡すことはなさそうです。

 

しかし…値段があまりにも…

 

 

主観雑感

 

ジョンロブのストレートチップ。ブランドとしてのエントリーモデルということで価格はかなり抑えたものになっているそうです(これでも)。

 

まさにブランドを代表するのにふさわしいモデルです。そこにあるだけで気品のようなものを感じます。

 

エドワード・グリーンの「チェルシー」と比べると、つま先がやや細いのと、切り返しの位置が少し後ろ寄りにあることによりトゥが目立ち、よりシャープな印象を受けます。『孤高の人』といったイメージでしょうか。

 

余談ですが、靴好きな人の中には、切り返しの位置が後ろ寄りのものしか履かないという人もいます。こういった細かいところに好みが出てくるのも紳士靴の面白いところですね。

 

 

img_3812

 

足には合うけど、財布の中身には合わない。

 

[参考]


スポンサーリンク


コメント